サンワカンパニーのオッソを自力で設置!ついにキッチンが完成した!

スポンサーリンク
サンワカンパニーのオッソを自力で設置!ついにキッチンが完成した!DIY

解体から始まったキッチンDIYも、いよいよ大詰め。ついに主役のキッチンを設置していきます。

サンワカンパニーで「オッソ」を注文したのは2018年2月4日。ちょうどキッチンの床下地を作っていた頃です。自宅に届いたのは2018年3月12日。注文してから約1ヶ月ほどで配送されました。

そして、2018年11月上旬。実に8ヶ月間もの間、放置されたキッチン取り付けに着手。床下配管工事や電気配線工事以外はすべて自力で組み立てます。

(そうです、この記事は2018年11月の内容です…)

水道管や食洗機など、まぁまぁ難しそうではありますが、DIY初心者の自分でも完成させることが出来ました。

家具の組み立て感覚で開始

フローリング貼りを終え、給排水管工事も完了した。いざ「オッソ」開封の儀!

オッソが梱包されたダンボールを運び出す

オールステンレスだけあって、すべての部品が重い。夫婦でせっせと運び出し、巨大なダンボールを開けていく。

オッソの組み立て説明書はPDFでダウンロード

組み立ての説明書は、サンワカンパニーのホームページからPDFでダウンロード。

どうせIKEAの家具と同じレベルだろう。そんな軽い気持ちでスタートです。

キッチンフレームを組んでいく

とにかくネジの量がすごい。数が多すぎて、どれがどのネジか分かりづらい。トラス?Aトラス?ちょっと何言ってるか分かりません。個数で判断するしかないか…。

付属のネジが多い

まずはフレームから。といっても、脚を取り付けるぐらいで、ほぼ完成している。

キッチンフレームに脚を取り付ける

二つのフレームをジョイントで固定。クリップを使えば、1人でも作業しやすい。

クリップを使えば1人でも組み立てやすい

ジョイント部分には、オッソ唯一の引出し収納が取り付く。引出しフレームもパーツとして完成しているので大したことはない。

オッソの引き出しフレーム

ステンレスキッチン「オッソ」唯一の引き出し収納

オプションで付けたボトムカウンターは乗せるだけ。ここまでは1時間もあれば1人で出来る。

オッソのボトムカウンターは乗せるだけ

給水管立ち上がり工事

次は給水管。天板が乗ると作業しづらそうなので、先に水栓や食洗機の給水管立ち上がりまで済ませておこう。もちろんDIYで。

床までの給水管は、業者さんにお願いして既に完了済み。床から上の給水管を自分でやるわけだけど、なんせ右も左も分からないド素人。

必要なものをネット調べることから始める。給水管止水栓シールテープを購入。

カクダイ(KAKUDAI)
¥946(2020/08/03 17:39:55時点 Amazon調べ-詳細)
カクダイ(KAKUDAI)
¥153(2020/08/03 17:39:57時点 Amazon調べ-詳細)

シールテープの巻き方などYouTubeで勉強。業者さんがはめたキャップナットを取り外す時のヒヤヒヤ感。そして溢れ出す水…。

給水管立ち上がりで悪戦苦闘

悪戦苦闘し、何とか給水管立ち上がりまでは完了した。

何とか給水管立ち上がりは完了

波乱万丈な詳細は、また別記事にまとめたいと思います。

関連記事:ただいま準備中

天板(ワークトップ)を乗せる

次はオッソの天板(ワークトップ)を乗せる。さすがにこれは1人では無理なので、嫁さんに助けを求めました。天板は100kgはありそうな重さ。細いフレームで耐えられるのか不安になる。

ここで衝撃の事実。天板の裏地にチラッと見えた木目

オッソの天板(ワークトップ)は合板下地だった

なんと、オッソの天板(ワークトップ)は合板下地だったのです。オールステンレスとはいったい…。

一応、Q&Aで「下地が見える」って書いてあるけど…。

見えない部分とはいえ、これで「オールステンレス」の表記はちょっと残念でした。

オッソの天板(ワークトップ)が乗った

ともあれ、天板が乗ると随分様になってきた。そして想像以上に大きい。10畳あるキッチンのど真ん中に置いて良かったのだろうか…。

混合水栓の取り付け

排水トラップはどうってことない。こんなの説明書を見なくても取り付けらる(念のため説明書は見た)

オッソの排水トラップ

さぁ、お次は水栓の取り付けだ。混合水栓はIKEAで購入した。

オッソに取り付ける混合水栓はIKEAで購入

水栓を天板の穴にはめ込み、あとは給水管と繋げるだけ…えぇ?ウソぉ…。

水栓が給水管に届かないトラブル

届かんのかーい!マジか!給水管の立ち上がりが短かったか…。あ、ちゃんと説明書にも書いてあった。60〜80(cm)と…。

オッソの給水管立ち上がりは60〜80cm

やり直すか?給水管を返品交換するか?いや、シールテープ巻いたしな…。仕方ないからフレキ菅で延長するか。

カクダイ(KAKUDAI)
¥781(2020/08/03 17:39:58時点 Amazon調べ-詳細)

水漏れなし、水栓完了です。

オッソ水栓設置完了

食洗機の取り付け

食洗機の取り付けは思っていたほど難しくはなかった。言うなれば、食洗機という家電をキッチン下に置くだけのイメージ。

オッソに食洗機を設置する

給水管、排水管、電源コードを裏から回して、水栓と同じ要領で接続。

食洗機の給水管と排水管を接続

すっぽりハマるスペースに食洗機本体を押し込む。

オッソの食洗機が入るスペース

簡単にオッソに食洗機を取り付け

最後にカバーを取り付ければ完了。簡単。

オッソオーダーメイドの食洗機カバー

ちなみに、食洗機は水道水を電気で温める方式にしています。

食洗機の水は「水道水を電気で温める」or「ガス給湯で沸かしたお湯を使う」で選べますが、我が家はプロパンガス。絶対に電気の方が安いんです。

冷たい水を電気で温めるので洗浄時間が微妙に長くなりますが、全自動だし急ぐわけでもないので。もし都市ガスなら、また選択肢が変わってくるかもしれませんね。

IHコンロの取り付け

IHコンロも食洗機と同様。仕上がった家電を天板に乗せるだけでした。グリルや排気カバーなど、パーツの組み立ては必要ですが、それも簡単。

200Vコンセント工事も完了しているので、電源プラグを繋げばすぐに使用可能です。

IHコンロ200Vの電源プラグ

レンジフードの取り付け

最後にレンジフードを取り付けます。レンジフードも物自体は組み上がっています。

レンジフードを取り付ける

これは取り付けが大変でした。左壁付きのペニンシュラ型なので、レンジフードも左壁設置型。つまり、重量26kgもあるレンジフードを面で支える必要があるため、それなりの強固な下地が必要に。

電気業者さんの手助けも借りながら排気ダクトも取り付け、何とか設置完了。26kgが見事に浮いてるよ…すげぇ…。

壁付きレンジフードの取り付け完了

レンジフード取り付けの詳細は、また別記事にまとめたいと思います。

関連記事:ただいま準備中

オッソは自力で設置できる

ついに、キッチンが完成!専門工事以外、解体から下地、内装や設備工事まで全てDIY!やればできる!

サンワカンパニーのオッソ設置完了

存在感あるステンレスキッチン

ピカピカのステンレスワークトップ

IHコンロもジャストフィット

IKEAの混合水栓も違和感なし

念願の食洗機は楽しみ

レンジフードもオッソと同じステンレスカラー

思い返せば、この家に移住して、解体を始めて、キッチンがない家での暮らしは実に1年3ヶ月間

外水道での食器洗い。調理はアイリスオーヤマの卓上IH。現代日本にしては、随分と不自由な暮らし。今の今まで耐えてくれた嫁さんには、本当に感謝しかありません

お詫びにこのキッチン、どうぞ存分に使い倒してください。そんな気持ちでフィナーレ。

キッチン棚や照明器具など、まだまだやることはたくさんですが、とりあえず完!お疲れ様でした!

スポンサーリンク

次によく読まれている記事

RABBIT PUNCH

この記事のコメント

DIY
タイトルとURLをコピーしました