キッチンの勝手口を塞いで壁にする!基礎土台から壁下地までをDIY

スポンサーリンク
キッチンの勝手口を塞いで壁にする!基礎土台から壁下地までをDIYDIY

キッチンに設けられた勝手口。古い家なら必ずと言っていいほど見かけますよね。

スーパーからキッチンへ直行できるため、昔はさぞ活用されたことでしょう。

古い家のキッチンには必ずと言っていいほどある勝手口

でも、用途はそれだけ。むしろ、防犯的にもよくないし、隙間風や虫も入るといったデメリットの方が多い。

勝手口は使わない

というか、キッチンに隣接する土間にも出入り口があるから、自分は絶対に使わない。

ということで、勝手口のドアを取っ払って、壁にしちゃいます。

ドアと枠の取り外し

勝手口のドアは、蝶番のネジを緩めれば簡単に取り外すことができます。

勝手口のドアを取り外す

ドア枠も、柱に固定されたビスを緩めれば取り外すことが可能。

勝手口のドア枠を解体

ドア枠の下側はモルタルで固められていたので、ハンマーで破壊。

古いビスは、ネジ頭をなめて潰れてしまいがち。そんな時は枠の隙間にバールを打ち込んで、強引に剥がしちゃいます。解体は思い切りがコツです。

難なく、勝手口のドアとドア枠が取り外せました。

生コンを流し込んで基礎を作る

新たに壁を作るにあたって必要なのが土台。そして、土台を置くためにはコンクリートの基礎が必要になります。

勝手口部分には基礎がないため、生コンを流し込んで作っていきたいと思います。

まずはコンクリートの型枠から。

適当な板材を用意して、勝手口の幅よりやや長めにカットします。

板材は外側から当てて、コンクリートブロックで挟んで固定します。内側も同じように板材を設置。

これでコンクリート型枠の完成です。

コメリのドライ生コン

コンクリート型枠で基礎を作る

あとは、ホームセンターで売っているドライ生コンを水で溶いて流し込むだけ。基礎の高さに注意しましょう。

コンクリート基礎が固まるまで待つ

異物が混ざらないように、ベニヤ板で壁を塞いで乾燥待ち。翌日、コンクリートが綺麗に固まっていれば、基礎の完成です。

基礎コンクリートが固まった

基礎の上に土台を乗せる

次は基礎の上に乗せる土台です。

土台に使うのは、85mm×115mmの太めの角材。ちょうど和室を解体していたので、その時に出た土台を再利用しました。

基礎の上に土台を置く

土台を勝手口の幅ぴったりにカットします。

土台の固定はL字金具を使用

固定はL字金具を使用。

柱と土台をL字金具で固定

左右、2ヶ所をL字金具で固定。

基礎と土台が完成

これで土台は完成です。この土台は柱に干渉しないので、そこまでガッチリ固定する必要はありません。

壁下地を組む

次は壁下地を組んでいきます。

壁下地の間柱

まずは中央に間柱を設置。ちょうどいい廃材がなかったので、30mm×115mmの木材を購入しました。

間柱は垂直にする

間柱は垂直になるようにします。

間柱の固定にはL字金具を使用

間柱の固定はL字金具を使いました。

勝手口の枠にL字金具で固定

壁下地の間柱の下側は土台に固定

上と下、それぞれ4ヶ所を固定。こちらは、ビスの斜め内でも大丈夫かもしれませんね。

壁下地の間柱が完成

次にカットした胴縁をビスで固定します。

壁下地を胴縁で組む

枠と間柱にビスを打つのですが、隙間が空いてしまったので適当に木材を挟みました。

壁下地の胴縁の本数や位置は既存の壁を参考にする

胴縁の本数や位置は、既存の壁の釘の位置に合わせればOK。これで壁下地が完成です。

勝手口を壁にするのは簡単

最後にベニヤ板で塞いで完成。壁トタンが手に入るまでの仮です。

勝手口はベニア板で仮塞ぎ

内側から見れば勝手口が完全に塞がった

内側から見るとこんな感じ。意外と簡単に勝手口が塞がりました。工事期間も2日。

あとは、内装工事で石膏ボードでも貼れば普通に壁ですね。

スポンサーリンク

次によく読まれている記事

RABBIT PUNCH

この記事のコメント

DIY
タイトルとURLをコピーしました