無垢フローリング床にユーロカラーを塗装!目の錯覚で空間を広く見せる

スポンサーリンク
無垢フローリング床にユーロカラーを塗装!目の錯覚で空間を広く見せるDIY

丸5日かけて、なんとか無垢フローリングを部屋全体に貼り終えました。

無塗装のままでも十分オシャレだけど、天井も無垢材なので山小屋感がちょっとイマイチかな。

ということで、床は塗装することに。

床を暗い色にすることで空間が広く見える?

無垢フローリングを塗装するとは決まったものの、肝心の色をどうするかで悩みました。

いろいろ調べてみると、天井は明るい色床は暗い色にすると、目の錯覚で天井が高く見え、空間が広く感じるとか。

暗い色、つまり重い色を下に置くことで安定感?安心感?がどうのこうの…。

天井と床の色で目の錯覚が起き空間が広く感じる

試しにイラストにしてみたものの、うん…分からん!

でも、頭のいい学者がそう言っているなら間違いないはず!(思考停止)

ということで、無垢フローリングを暗めの色に塗装することにしました。

ユーロカラーのウォルナット色を購入

無垢フローリングの塗装に選んだ塗料は、大阪塗料工業の「ユーロカラー」です。国産の自然塗料としてはナンバーワンの人気製品。

天然素材が主成分の安心・安全な油性塗料。浸透性に優れており、木材の通気性や調湿性を妨げません。

なおかつ、撥水性も兼ね備えているので、キッチンの無垢フローリング塗装にはうってつけ。

ユーロカラーは13色から選べます。

メープルユーロカラー:メープル
チークユーロカラー:チーク
エボニーユーロカラー:エボニー
チェスナットユーロカラー:チェスナット
グリーンユーロカラー:グリーン
マホガニユーロカラー:マホガニ
ブラウンユーロカラー:ブラウン
グレーユーロカラー:グレー
オリーブユーロカラー:オリーブ
ウォルナットユーロカラー:ウォルナット
ブラックユーロカラー:ブラック
ホワイトユーロカラー:ホワイト
スプルースユーロカラー:スプルース

暗めの色だけでも数種類。悩みましたが、木目が綺麗に透けそうなウォルナットをチョイスしました。

無垢フローリングの塗装はユーロカラーのウォルナット

完成イメージは古民家っぽい黒くてツヤツヤな床。重厚感があり、古くて趣がある空間にはうってつけの床。

イメージは古民家の床のような黒光り

無垢材の木目を生かしつつ、出来るだけ暗い色に仕上がることを祈り、作業開始です。

コテバケを使って薄く塗っていく

前回、トイレの無垢フローリングにオスモを塗ったのですが、その時と同様。無垢材の塗料はコテバケを使います。

ユーロカラーの塗装にはコテバケを使う

ユーロカラーをコテバケで薄くのばす

塗料を無垢フローリングに擦り込むよう、薄く伸ばしながら塗っていきます。

ユーロカラーの余分な塗料はウエスで拭き取る

余分な塗料はムラになるのでウエスで拭き取りながら、力を込めて刷り込む。

無垢フローリングの質感は塗装で失われない?

あぁ〜無垢の質感が失われていく〜。後戻りはできません…。

無垢フローリングにユーロカラーを塗っていく

10畳ほどの広さにユーロカラーを塗装していく

全体に塗って、乾いたら2度塗りします。

無垢フローリングにユーロカラー1度塗り

無垢フローリングにユーロカラー1度塗り

こちらが1度塗り直後。

無垢フローリングにユーロカラー2度塗り

無垢フローリングにユーロカラー2度塗り

1日乾燥させて、こちらが2度塗り直後。かなり色が濃くなりました。これは期待。

古民家の床のようなツヤは出なかった

そいて翌日の乾燥後がこちら。

ユーロカラー(ウォルナット)を無垢フローリングに塗装した

バラバラだった無垢フローリングの色や柄も、塗装することで統一感が出ました。

無垢フローリングにユーロカラー(ウォルナット)を塗装した

自然塗料ならでは、木目もしっかりと浮き出ており、無垢材の質感はそのまま残せました。

ユーロカラー(ウォルナット)は無垢の木目が透ける

多少のツヤは出たものの、古民家の床のようなテカテカな黒光りは流石に無理でした。

ユーロカラー(ウォルナット)は多少のツヤが出る程度

どうしてもツヤを出したいなら、ウレタンとかでコーティングするのが手っ取り早い?

でも、ワックスとかコーティングしちゃうと、無垢独特の質感や温もりは失われるよね…。

そう考えると古民家の黒光りしたツヤは、長きに渡って磨かれ続けた賜物。再現不可のお宝ですね。

ともあれ、とりあえず床はこれで完成。早く仕上げないと妻に迷惑がかかりますからね。

次回は壁の漆喰塗り。男前キッチンを目指してグレーの漆喰を塗ってみました。

スポンサーリンク

次によく読まれている記事

RABBIT PUNCH

この記事のコメント

DIY
タイトルとURLをコピーしました