買うべき国産ミドルクラスSUVの最強はどれ?特徴をまとめてみた

買うべき国産ミドルクラスSUVの最強はどれ?特徴をまとめてみた

新車のSUVが欲しい。そう考え始めて、現在購入を検討している国産のミドルクラスSUVは以下の4車です。

  • CX-5(XD L Package 4WD)
  • RAV4(G“Z package”)
  • フォレスター(Advance)
  • エクストレイル(20Xi 4WD)

どれも日本を代表するコスパ最強のSUVです。

以前の記事で、価格や燃費といったデータ上の比較はしたものの、それぞれの特徴についてはイマイチ理解してない状態。

国産ミドルクラスSUVの価格・燃費・大きさ・トルクを比較 - CX-5・RAV4・フォレスター・エクストレイル
初めての新車を購入するにあたって、候補になった国産ミドルクラスSUVのCX-5(マツダ)RAV4(トヨタ)フォレスター(スバル)エクストレイル(日産)の価格・燃費・大きさ・トルクを比較。グレード選びからオンライン見積もりまで。

やっぱり実際に乗って運転してみないと分からない。ということで、試乗してきた感想を踏まえ、各SUVの特徴をまとめます。

そして、最後にどの車を買うか決めました。

CX-5(XD L Package 4WD)の特徴

CX-5(XD L Package)の特徴

海外でも高い評価を得ているマツダのミドルクラスSUV「CX-5」。外車のようなイカつい見た目に、日本車の技術が詰め込まれた車。

不安材料だったマツコネも随分と改善されたようです。360度モニターが付けられるのもメリット。

ディーゼル車で燃費が良い

CX-5は、今回の候補の中で唯一のディーゼル車(クリーンディーゼル)で、エコカー減税対象車です。

税金が安いだけじゃなく、ハイブリッド車並みに燃費も良いので、恐らくガソリン代は一番安いはず。

スタイリッシュなシティーSUV

CX-5は顔がカッコイイ

ボルボやベンツに似た、イカつい見た目もカッコイイCX-5。オフロードをガンガン攻めるゴツいSUVというより、街中をスタイリッシュに流すシティーSUVのような雰囲気。

「L Package」は本革シートになり、プレミアム感がある白も選べる。汚れが心配なら黒が無難かも。

試乗してみた感想

CX-5試乗

試乗してみた感想は、とにかく運転しやすいこと。マツダが目指す「クルマと一体感」がなんとなく分かった気がする。

アクセルとブレーキの踏み心地も違和感なし。妻も一発で乗りこなしていた。

車内はやや狭い気もするが、言い換えれば包まれている感じ。すごいシックリきた。

あと、やっぱり見た目がカッコイイ。日本車っぽくない顔が高級感ある。

CX-5試乗

サンルーフが残念

CX-5の残念な点は、サンルーフが小さいこと。今時、こんな小さいサンルーフは珍しいのでは?

CX-5はサンルーフが小さい

あと、サンルーフを付けると減速エネルギー回生システム「i-ELOOP(アイ・イーループ)」が付けられないとのこと。

そんなこんなで、必然的「i-ELOOP(アイ・イーループ)」一択になる。

ディーゼル車特有のデメリット

燃費が良く、パワーもあるディーゼル車ですが、特有のデメリットもある。

燃費が良いディーゼル車は、定期的なエンジンオイル交換が必要になる。また、ディーゼ車のエンジンオイルは高額になるため、メンテナンス費用はやや高め。

あとは、チョイ乗り(10分以下の走行)や長時間のアイドリングは非推奨とのこと。

難しい理由は省略しますが、エンジンが低負荷だと煤(すす)が溜まって、それが積もると最悪の場合、内部洗浄をしなければいけないそうです。

30分以上の走行、長距離を走れば、溜まった煤(すす)が燃えてなくなるみたいです。

RAV4(G“Z package”)の特徴

RAV4(G“Z package”)の特徴

信頼のトヨタブランド。CX-5やフォレスターといったミドルクラスSUVにぶつけてくる感じでフルモデルチェンジしたRAV4。

オフロード特化の「Adventure」は実用性が低く、ハイブリッドは高額というとこで、ガソリン車の最上級クラス「G“Z package”」をチョイス。

サンルーフも大きくて、アウトドアに嬉しいAC電源も確保できる。

ダイナミックトルクベクタリングAWD

今回、RAV4は「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を推している。

RAV4のダイナミックトルクベクタリングAWD

カーブの負荷に応じてトルク配分(タイヤの回転パワー)を変化。安定性と燃費が向上するとか。

走行モード切り替え

RAV4の走行モード切り替え

走行モード切り替えもあった。通常以外に6つもある。

  • NORMAL(通常)
  • ECO(燃費優先)
  • SPORT(加速)
  • SNOW(雪道)
  • MUD & SAND(滑りやすい路面)
  • ROCK & DIRT(凹凸の大きい路面)
  • ダウンヒルアシストコントロール

ダイアルを回すと色が変わって、ちょっとかっこいいかも。けど、果たしてこれだけのモードを使い分けるシーンは来るのか?

T-Connect(コネクティッドサービス)

トヨタのT-Connect(コネクティッドサービス)も利用できる。

24時間365日、専任のオペレーターが対応してくれて、目的地を言えばナビに入れてくれる。

緊急時を察知すると自動で位置情報を送信してくれる。例えるなら、崖の下に落ちて気を失っても、自動で救助要請もしてくれる。これは安心かも。

新車ならT-Connect(コネクティッドサービス)に対応する純正ナビ装備で3年間無料。4年目以降は12,960円/年とのこと。

試乗してみた感想

RAV4試乗

第一印象はとにかくゴツい。CX-5より一回り大きいのでは?と思ってしまうほど。でも同じサイズなんです。角ばったデザインだと、こうも印象が違うんですね。

運転席に座った感じも「デカい車を運転してんな」って印象。車幅がちょっと不安になる。

RAV4試乗

アクセルは結構踏み込まないと進まない感じだった。CVT(無段変速機)だから?運転に慣れるまで時間がかかりそう。

あと、白ボディーの見た目はスターウォーズの「ストームトルーパー」そのもの。見た目のインパクトはあります。

合皮シートは夏だとやや蒸れる

合皮シートは夏だとやや蒸れます。体質のせいかもしれませんが。

「Adventure」以外のグレードにもベンチレーションが付けられれば良かったかも。

ガソリン車にはアイドリングストップがない

ガソリン車にはアイドリングストップがありません。ハイブリッド車にはあります。

個人的には始動時の音が嫌いなので正直どっちでもいいんですが、気にしている人は意外と多いみたいです。

360度カメラがない

RAV4には360度カメラがありません。左カメラ標準、オプションでフロント、バックミラーにリアビューを映し出すことも可能。

CX-5の試乗で360度カメラの必要性を感じた分、RAV4にも欲しかった。

パワーシートは運転席のみ

パワーシートは運転席のみというのもデメリット。夫婦、それぞれ運転するので、助手席にもパワーシートが欲しいかった。

納車が遅れる

人気で納車が結構かかりそう。発売当初という時期的に仕方ないけど、納車まで3ヶ月はちょっと長すぎる。

値引きが渋い。フルモデルチェンジ後、バカ売れの人気車だから仕方ない。オプション無料やガソリン満タンでお得感を出してくれましたが、ちょっと弱め。

名前がダサい

あとやっぱり、名前が「ラブフォー」ってのが引っかかる。

「Robust Accurate Vehicle with 4 Wheel Drive(SUVらしい力強さと、使用性へのきめ細やかな配慮を兼ね備えた4WD)」が由来らしい。

「何乗ってるの?」と聞かれて「ラブフォーだよ」と答える想像をしただけで嫌になる。

フォレスター(Advance)の特徴

フォレスター(Advance)の特徴

他のミドルクラスSUVと比べて、見た目や燃費ではイマイチなフォレスター。

ただ、新車を買うにあたって「安全性」もかなり重要視していた。その点、スバル車の右に出る車はない。

グレードの価格差があまりないので、最上級グレードの「Advance」を候補に。大きいサンルーフももちろん付ける。

アイサイト

アイサイトはスバル独自の技術。フロントガラス上部にある2つのステレオカメラで、前方を立体的にとらえ、物体までの正確な距離を測ることができる。

高い認識性能が、衝突回避や運転支援に生かされています。まさにスバル車の頭脳。

フォレスターのアイサイト

e-BOXER

フォレスターの「e-BOXER」は、いわゆるマイルドハイブリッド。

ハイブリッドの部類だけど、燃費というより加速といった走行性を電気モーターでアシストする機能に特化しています。

フォレスターのe-BOXER

一応、エコカー減税対象車ですが、割引率は低いです。

X-MODE

X-MODEは、フォレスターの走行モード切り替え。

雪道や砂利道など、滑りやすい道を走行する時は「SNOW・DIRT」モード。

深雪やぬかるみといった、タイヤが埋まってしまうような道では「DEEP SNOW・MUD」モード。

普段使いのSUVはこの2つで十分。RAV4ほどゴチャゴチャしてなくて良い。

フォレスターのX-MODE

試乗してみた感想

試乗してみてまず感じたことが、開口部が全体的に広いということ。

トランクの開口部、後部座席の開口部はダントツで広い。開口部が広いと車内も広く感じる。

あと、窓も大きかった。圧迫感がある後部座席もフォレスターなら快適そのもの。試乗車にはサンルーフがなかったけど、もしサンルーフが付いていたら最高だと思う。

後部座席に人が乗る機会が多いなら、フォレスターにするべき。

フォレスター試乗

ブラウンの革シートも良い感じ。黒は在り来たりだし、白は汚れが目立つ。その点、ブラウンは落ち着いた感じで、どこか大人っぽい。

その他、給油口が外から開けられたり、顔認識機能によるシートの自動調整もなかなかのメリット。意外と知られていないけどAC電源のオプションもある。

360度モニターはない

ただ、360度モニターはない。これはズバルの理念で「カメラじゃなくて目視すべき」という理由から。大きい窓もそのため。

目視にも限界があるので、早急にこの理念は折って、カメラを駆使すべきだと思った。

マイナーチェンジ前のA型にご注意

スバル車はA型、B型…と順にマイナーチェンジを行っており、スバル愛好家の間では「A型は買うな」と言われているほど、スバルのマイナーチェンジはヤバイらしい。

「A型は高値のうちにすぐ売れ」「B型以降を買え」「買うならD型」という口コミも目にした。

実際に、自分が試乗して見積もった段階はちょうどB型に切り替わる前で、営業マンはA型を売り切りたそうだった。

エクストレイル(20Xi 4WD)の特徴

エクストレイル(20Xi 4WD)の特徴

エクストレイルは国内で1番売れたミドルクラスSUVらしい。

ただ、その裏側は自社内での販売台数稼ぎによるもの。ディーラー自ら大量に買い取り、新古車として在庫を抱え込んでいる状態。在庫の処分に困っているとか。

また、中古車サイトを見てもエクストレイルの多さは異常。車市場にエクストレイル溢れかえっているということは、リセールに期待できないということ。

ゴーン氏の件、ルノーの件もあって、日産という会社自体に不安がある。

エクストレイルは良い車だと思う。プロパイロット、360度モニター、パーキングアシストなど、おそらくこの中ではコスパ最強のミドルクラスSUVだと思う。

でも、エクストレイルをあえて新車で買おうとは思わなかった。ということで、エクストレイルは試乗せずに候補から除外しました。

国産ミドルクラスSUVならどれを買う?

候補からエクストレイルが消えて、残るはCX-5、RAV4、フォレスターの3車種。

どの車も魅力的で、なかなか甲乙付け難い。

ただ、試乗のためにディーラー巡りをして感じた「ディーラーは家から近い方がいい」ということ。

契約するにも、納車するにも、メンテナンスするにも、ディーラーが遠いというのはかなりデメリット。

唯一、スバルのディーラーだけが家から遠かったため、今回、フォレスターは諦めることにしました。

残るはCX-5とRAV4。

RAV4の魅力は大きなサンルーフ。サンルーフは昔からの憧れ。閉鎖的な車内が明るくなる。

フルモデルチェンジ直後ということで、街を走れば目立つこと間違い無し。ゴツい見た目もカッコイイ。

でも、逆を言えばRAV4の魅力ってそれだけ。

それ以外の項目は、俄然、CX-5のほうが勝っていた。

そもそも、サンルーフって運転席に座ってるとあまり恩恵がないのでは?

RAV4のようなゴツさはないけど、CX-5のイカつい顔も目を惹くカッコよさ。

あと、嫁もCX-5のほうが運転しやすいって言っていたし。

ということで、CX-5を買うことに決めました。

2019年6月1日。最終確認を兼ねた2度目の試乗をし、そのままハンコを押してきました。

CX-5を購入した

国産ミドルクラスSUVを選び始めてから約3ヶ月、迷いに迷ったけど遂に憧れの新車をゲット。

引き続き、納車レポや自動車保険、社外パーツの購入などについて更新していきますね。でわでわ。

次によく読まれている記事

RABBIT PUNCH

この記事のコメント

タイトルとURLをコピーしました