【WP External Links】外部リンクやnoopenerの設定方法・効かない時の解決策

【WP External Links】外部リンクやnoopenerの設定方法・効かない時の解決策Web制作

Android端末でブラウザがChromeだと外部リンクが開かないという事態が発生して、修正作業に追われている人も多いはず。

主な原因は外部リンクのHTMLタグに設定する「target=”_blank”」で、解決策としては以下の2つ。

①外部リンクに「target=”_blank”」を付けない、もしくは「target=”_self”」にする。

こういうこと → Google

②外部リンクに「rel=”noopener”」を付ける。

こういうこと → Google

「WP External Links」の設定

WordPressプラグイン「WP External Links」なら、過去記事の外部リンクも一括で変更可能。リンクの整合性を保つにも非常に便利。

①外部リンクに「target=”_blank”」を付けない、もしくは「target=”_self”」にする場合は、「同じウィンドウ、タブ、フレーム」にして「既存の値を上書きします。」にチェック。

WordPressプラグイン「WP External Links」

②外部リンクに「rel=”noopener”」を付ける場合は、「それぞれ別の新しいウィンドウまたはタブ」にして「既存の値を上書きします。」にチェックして、「rel 属性の追加」の「”noopener” を追加」にチェック。

WordPressプラグイン「WP External Links」

これで、Android端末でブラウザがChromeだと外部リンクが開かない、というトラブルも解決。

アフィリエイトリンクは外部リンクにして「noreferrer」を消したい

WordPressの仕様変更で、外部リンク「target=”_blank”」を設定した場合に「noopener」と「noreferrer」が勝手に付くようになりました。

アフィリエイトリンクは外部リンクが基本で、「target=”_blank”」を勝手に削除したらHTMLタグの改変になり、規約違反としているASPも少なくない。

参照:アフィリエイトリンクの target=”_blank” は外す方が良さそう。rel=”noopener noreferrer” が成果測定に悪影響

個人的には、アフィリエイトリンクは外部リンクにすべきだと思う。別サイトに移動する場合、別ウィンドウ、もしくは別タブで開くのが当たり前。

ただ、外部リンクにすると「noreferrer」が勝手に付いてしまい、ASP側でのリファラ計測が出来ない。成果には影響ないようだけど、アフィリエイトの不透明さが増してしまうようで困る。

でも、今回の「Android端末でブラウザがChromeだと外部リンクが開かない」問題もある。アフィリエイターにとっては致命的。

だからこそ「WP External Links」を使って、外部リンクを維持したまま「noopener」を付け、邪魔な「noreferrer」を消すというのが、今できる最善策かと。

「WP External Links」が効かない場合の解決策

「WP External Links」には、いくら変更を保存しても外部リンクに「noopener」「noreferrer」が付いてしまうという不具合がある。

大抵の原因は rel属性「nofollow」「noopener」「noreferrer」の記述の順番。

既存のリンクタグに rel属性がある場合は「nofollow」が先頭にないと「noopener」「noreferrer」の変更ができない仕様のよう。

  • 「rel=”nofollow noopener noreferrer”」→ OK
  • 「rel=”noopener nofollow noreferrer”」→ NG
  • 「rel=”noopener noreferrer nofollow”」→ NG
  • 「rel=”noopener noreferrer”」→ OK

なので、面倒だけど手作業で「nofollow」を先頭に移動させるか、消すかする他ない。

RABBIT PUNCH

コメント

Web制作
タイトルとURLをコピーしました