Webデザイナーとして独立するならノートPCは必須

スポンサーリンク
Webデザイナーとして独立するならノートPCは必須フリーランス

会社を辞める前に、自分よりも1年ほど早くフリーランスになった元会社の先輩と会いました。

独立後の仕事の探し方、進め方、どういうスタンスで仕事をすればいいのか、あとはクラウドソーシングの活用方法など、フリーランスとして稼ぐためのノウハウを教えてもらいました。

その際に、ノートPCの必要性について聞きました。

フリーランスといえば、カフェとかノマドで仕事するイメージ。ノートPCがあれば仕事の幅が広がるのでは?

先輩フリーランスに「ノートPC」は不要と言われた

「ノートPCってあった方がいいですか?例えばMacBookとか…」と先輩に聞いてみました。

すると意外にも「いらない。自分もカフェでの仕事とか憧れてたけど、結局は家で仕事するんだよね」と返されました。

信頼できる先輩だったので、フリーランスになった後もしばらくはその言葉を信じ、自宅のデスクトップだけで仕事をしていました。

なので、クライアント訪問先では、iPadを持って行き、なんとかそれらしく見せていました。

外出先で限界を感じMacBookを購入

ですが、やはりiPadには限界がありました。

検索するにも一苦労。オフィスデータの作成や修正にも悩まされた。メモやメール以外にも、外出先でやることはたくさんあるんです。

このままでは仕事に支障をきたすと思い、ブログ運営で溜まっていた楽天ポイントをつかってMacBook Airを購入。

MacBookAirで変わった仕事効率とモチベーション

10万円とかなり覚悟が必要だったけど、これも先行投資。仕事で取り戻す覚悟です。

ノートPC購入で変わった仕事効率とモチベーション

結果的に言えば、買ってよかった。本当に。

むしろ、なんでもっと早く買わなかったのか?と後悔したほど。独立する前、会社員時代にでも買っておけば、もっと仕事の幅は広がったとも感じました。

今回購入したのは最低限のスペックなので、本格的なデザインは厳しいです。

ただ、簡単なHTMLコーディングならできるし、メールの確認、ExcelやWordの作成編集はもちろん、クラウドソーシングの管理画面もこれで1台で十分。

Dropbox」や「Evernote」や「Firefox Sync」といったクラウドサービスを使えば、自宅にあるWindowsデスクトップとのデータの共有もシームレス。PC2台持ちの懸念だった情報の同期作業もほとんどありません。

そして何より、クライアントの訪問先でドヤれること、気分転換にカフェで簡単な仕事ができるなど、モチベーションの変化が一番大きかったです。

強いてデメリットを挙げるとすれば、ノートPCがあることによって旅行先や田舎への帰省中でも仕事ができてしまうので、メリハリをつけることが難しくなった点ですね。

ただ、まだまだ気が抜けない状態なので、そうした点も「常に仕事のことを考えろ」と捉えてます。

迷ったらやってみる!失敗も経験!

何事においても先輩の意見はとても参考になります。誰しもが失敗するところを事前に知ることができ、それを回避できるのは大きなメリット。

しかし、先輩の意見を鵜呑みにしすぎては、自らの思考が停止し、本来やるべきことをやらなくなる。

また、試す前から「不要」と決めつけてしまい、失敗から学ばなくなる、新しい発見を得る機会がなくなる。

今回、ノートPCの件で実感しました。

尊敬する人から「不要」と言われたことが、実は自分にとってかなり必要だったりもします。

ただ、実際にやってみないと分かりませんよね。ノートPCだって決して安い買い物ではありませんし、それなりのリスクも承知の上になります。

リスクを冒してでもやってよかった!と思えることはまだまだあると思います。特に、独立したばかりで、先輩方の経験談やネットの情報しか頼れない自分には。

もし、自分と同じようにモヤモヤしながらフリーランスをやっているという方がいましたら、失敗を恐れずにとにかくチャレンジしてみてください。

どんな結果になろうと、それはあなただけの経験値になります。そして、必ず成長につながります。

スポンサーリンク

次によく読まれている記事

RABBIT PUNCH

この記事のコメント

フリーランス
タイトルとURLをコピーしました