イラストレーターの画像読み込みにはリンクと埋め込みがあるので要注意

Illustrator(イラストレーター)通称イラレでjpegのような画像を配置する場合は「リンク」と「埋め込み」がある。イラレはWebだけでなく紙(DTP)のようなサイズの大きいデザインにも使うため、作業データの容量を軽くするための仕様なのだろう。

画像ファイルのリンクと埋め込み

リンクは作業環境のファイルパスを元に画像を読み込んでいる状態。つまりパスが変われば画像が読み込まれなくなる。AIデータを開くと「画像ファイルが見つかりません」と表示されるアレです。リンクだとAIデータ自体の容量は軽くなるがファイルパスが変われば読み込みエラーになる。画像名が変わってもエラーになる。

一方の埋め込みはAIデータの中に画像ファイルもまとめて保存させるという形式。これはPhotoshopと同じなので、AIデータや画像ファイルの保存先が変わっても、画像読み込みエラーは起きない。しかしDTPのように解像度が高くなり自然とサイズが大きくなった場合、AIデータの容量はかなり大きくなる。

Webデザインなら埋め込みを推奨

Webデザインでイラレを使う場合なら、そこまで作業データの容量を機にする必要はないので、画像は埋め込みで行う。埋め込みによる配置なら、クライアントなどにデータを共有する場合でも、AIデータと画像データを分ける必要もない。

イラレで画像を埋め込みにする手順

自分のようにPhotoshopを使う感覚で画像ファイルをドラック&ドロップで配置すると勝手にリンクになるので、下記の方法で画像を配置すること。

ファイル ⇒ 配置 ⇒ 画像ファイルを選択 ⇒ チェックボックスでリンクを外す

いいね!のお慈悲を…

この記事が良かったらシェアをお願いしゃっす!

記事の感想はこちら