ドメインの www 有り無しをhtaccessの301リダイレクトで設定し正規化する方法

ドメインの www 有り無しをhtaccessの301リダイレクトで設定し正規化する方法

「ワラワラワラ」ではありません。ドメインの www を有り無しのどちらかに統一させて、ドメインを正規化する設定方法です。Googleも公式に www 有り無しのドメインでは、別サイトと認識する場合もあると説明しています。

使用するドメインを設定しないと、ドメインに www を含むバージョンと www を含まないバージョンが別のページへの異なる参照として処理されることがあります。
※使用するドメインの設定(www の有無)より引用

参考:使用するドメインの設定(www の有無)

別サイトと認識されてしまうと、SEO評価もそれぞれに分散してしまう恐れもあるので、ネームサーバー設定が完了したら、必ず htaccess の301リダイレクトを使って www 有り無しの設定を行うようにしましょう。

htaccessの設定方法

そもそもhtacccesの設定方法が分からないという方は、こちらの順序を覚えてください。

  1. 「htaccess.txt」というテキストファイルを制作する
  2. 「htaccess.txt」をサイトのルートディレクトリ(最上階層)にアップする
  3. アップした「htaccess.txt」の名前を「.htaccess」にサーバー上で変更する

以上です。必ず「.txt」ファイルで制作してください。文字コードは「SHIFT-JIS」です。

htaccessの記述内容

ドメインを www 有りで設定する場合

※「sample\.com」の「\」となっていますが半角の「¥」になります。コピペすれば問題ないかと思います。

ドメインを www 無しで設定する場合

「.co.jp」ドメインを www 有りで設定する場合

「.co.jp」ドメインのようにドットが2つあるドメインは若干変わります。「.」の前に「」を記述する必要があります。

「.co.jp」ドメインを www 無しで設定する場合

www 有り無しはどっちがいいのか?

個人的な検討ですが、正直どっちでもいいです。というか好みの問題かなとも思います。 www 有りだとその分長いURLになるので、それが嫌な人は www 無しで設定する。 www は昔からWebサイトの正式な宣言という意味もあるらしいからそこが気になる方は www 有りで設定する。といった感じでしょう。

あとは、最近増えた日本語ドメインの場合は www が付いているとちょっと違和感あるので、自分は日本語ドメインの場合は無しで設定するようにしています。

いいね!のお慈悲を…

この記事が良かったらシェアをお願いします!

記事の感想はこちら