制作したWordPressサイトの納品前にクライアントがバージョンアップをしないよう設定する

制作したWordPressサイトの納品前にクライアントがバージョンアップをしないよう設定する

本来であれば、ファイルとデーターベースのバックアップを取ってから、十分な検証の上に行うはずのWordPressバージョンアップ。それを、Webに精通していないクライアントがうっかりWordPressバージョンを上げてしまうといった事がよくあります。

使用するテーマやプラグインにもよりますが、最悪の場合せっかく作ったサイトをリニューアルしなければいけなくなるなど取り返しのつかない事態にもなりかねません。

そこで、Web制作者はWordPressサイトの納品前に、クライアントが自らバージョンアップが出来ないように設定する必要があります。

クライアントに付与するユーザー権限の設定

WordPressの管理画面には、ユーザー権限を設定することができます。ユーザー権限の種類は、サイトの設定を始め全ての権限を持つ「管理者」、サイト運用に関する全ての権限を持つ「編集者」、投稿記事の作成が可能な「投稿者」、既にある投稿記事の更新だけ可能な「寄稿者」、投稿記事の閲覧のみ可能な「購読者」の5種類です。

「管理者」でなければバージョンアップは出来ないので、「編集者」もしくは「投稿者」の権限を持つアカウント情報を共有すれば問題ありません。

ユーザー → 新規追加 → 必要な情報を入力して「権限グループ」を変更

簡単にクライアント納品設定が出来るプラグイン「WP Total Hacks」のインストール

「WP Total Hacks」はクライアント納品時に必要な設定を簡単に出来る便利なプラグインです。開発者は日本人の方で海外でも多く使われています。「WP Total Hacks」はWordPress公認のプラグインなので、管理画面のプラグイン追加からインストールが可能です。

プラグイン → 新規追加 → 「WP Total Hacks」で検索

管理画面の設定に「WP Total Hacks」が追加され下記の項目が設定可能になります。

サイト設定

  • Faviconを追加
  • apple-touch-icon を追加
  • “wlwmanifest” と “xmlrpc” の自動削除
  • 前後の投稿へのリンクをページで無効化
  • バージョン情報を head から削除
  • #more アンカーの削除
  • 抜粋から、[…] を削除
  • すべてのピンバックを拒否
  • Google Analytics をインストール
  • ウェブマスターツールの認証

投稿&ページ

  • 投稿のメタボックスを削除
  • ページのメタボックスを削除
  • リビジョンコントロール
  • セルフピンバックを停止
  • ページに”抜粋”を追加
  • 下書きページへの子ページの作成を許可

外観

  • 管理画面のヘッダーのロゴを変更
  • 管理画面フッターを変更
  • ログイン画面のロゴを変更

その他

  • ダッシュボードウィジェットの無効化
  • テキストウィジェットでショートコードを使用可能にする
  • テキストウィジェットでoEmbedを使用可能にする
  • “Webmaster” 権限を追加
  • デフォルトのメールアドレスを変更
  • デフォルトの連絡先情報を削除
  • アップデート通知を停止

公式サイト:http://firegoby.jp/wp/wp-total-hacks

管理画面ダッシュボード内のバージョンアップ通知を完全に非表示にする

「WP Total Hacks」はプラグインなので、開発者のサポートが終了すれば使えなくなるということも十分に考えられます。また、WordPressのバージョンアップによって一時的に機能しない事も考えられます。プラグインは便利ですが、こういったリスクもあります。

function.phpに下記を記述するとWordPressバージョンアップの通知を完全に削除できます。

まとめ

とは言ってもWordPressのバージョンは常に最新にしておくことが理想的。時にはスパム対策パッチを追加されたバージョンもあります。また、古いバージョンはハッキングされやすいという実証も公開されています。ですので、WordPressバージョンアップは必ずWebマスター、もしくはサイト制作者が行うようにしましょう。

以前の記事でも紹介した通り、私はクライアントのWordPressをバージョンアップする際、異常なまでに慎重に行います。なぜなら、バージョンアップによってこれまでいくつものサイトがリニューアルまで追い込まれていたのを経験しているからです。

もちろん根底には、WordPressのバージョンアップによって機能が損なわれないサイト作りを心掛けることが大切ですが、Webのような流れの早い世界に「リスクヘッジ」という言葉はあってないようなものだと考えています。

こういったWebならではのリスクもクライアントにちゃんと理解してもらい、Webクリエイターはサイト制作を行っていくことが大切だと思います。

関連記事:クライントサイトで行ったWordPressのバージョンアップ手順

いいね!のお慈悲を…

この記事が良かったらシェアをお願いしゃっす!

記事の感想はこちら