WordPressのカテゴリースラッグを利用してCSSクラスやアイコン画像を変える方法

WordPressのカテゴリースラッグを利用してCSSクラスやアイコン画像を変える方法

WordPressのカテゴリーを設定する際に合わせて設定するスラッグ名。スラッグ名はURL上でカテゴリーのディレクトリ名の役割にもなる大切な項目です。

また、スラッグ名は条件分岐にも使用できますが、私の場合、大抵の条件分岐はカテゴリーIDを使用するので、あまりスラッグ名を使用する機会がありませんでした。

ですが、ちょっと面白いカテゴリースラッグの使い方を発見したので共有します。

カテゴリーごとにCSSのクラスを変更する

スラッグ名を各パーツのスタイルシートのクラス名に設定して、カテゴリーごとにレイアウトを変える方法です。Aのカテゴリーは背景をピンクに、Bのカテゴリーは背景を黄色になど、CSSが絡んでくると使い方は様々です。

カテゴリーごとに表示する画像を変える

こちらは画像のファイル名に各カテゴリーのスラッグ名を割り当てて、表示するカテゴリーごとに画像を変えることができます。全カテゴリー一覧をリストで表示した時のアイコン切り替えに使えます。

カテゴリースラッグ以外にも取得可能

上記の「category_nicename」を変更すれば様々なカテゴリー情報を取得することができます。

  • cat_ID(カテゴリーID)
  • cat_name(カテゴリー名)
  • category_nicename(カテゴリースラッグ名)
  • category_description(カテゴリーの説明)
  • category_count(カテゴリーに登録されている投稿の数)

いいね!のお慈悲を…

この記事が良かったらシェアをお願いしゃっす!

記事の感想はこちら