Jetpackを使ってWordPressで投稿した記事を自動でFacebookとTwitterに投稿する

Jetpackを使ってWordPressで投稿した記事を自動でFacebookとTwitterに投稿する
WordPressで更新した記事をTwitterやFacebookへ自動で反映させる方法。便利なプラグインでお馴染み「Jetpack」の機能にある。プラグイン → 新規追加 → 「Jetpack」で検索すると表示されるのでインストールして有効化。

「Jetpack を利用するには、サイトが公開されていて、アクセス制限がかかっていない必要があります。」と出た時の対処法

「Jetpack を利用するには、サイトが公開されていて、アクセス制限がかかっていない必要があります。」と出た時の対処法

エックスサーバーを使っている場合、「XML-RPC API アクセス制限」によってJetpackとWordPressアカウントの有効ができません。なのでエックスサーバー側で「XML-RPC API アクセス制限」をオフにします。

  1. エックスサーバーのサーバーパネルにログイン
  2. WordPressセキュリティ設定
  3. ドメインを選択
  4. 「XML-RPC API セキュリティ制限」をOFFにする

パブリサイズから連動させるSNSを選択

無事にJetpackにログインできたら、各種画面から「パブリサイズ」を選択。

パブリサイズから連動させるSNSを選択

そして記事の自動投稿の連動をさせたいSNSを選択します。この時、あらかじめそのアカウントでログインしておく必要があります。

パブリサイズから連動させるSNSを選択

これであとは記事を投稿するだけ。ちなみに、投稿画面の公開ボタンの上にパブリサイズ共有という項目が追加され、連動して自動投稿させるSNSアカウントとテキストを変更することができます。

パブリサイズから連動させるSNSを選択

記事の内容によって使い分けたいという人にとっては便利な機能ですね。

いいね!のお慈悲を…

この記事が良かったらシェアをお願いしゃっす!

記事の感想はこちら