広島駅から宮島(厳島神社)へ行く方法のまとめ比較

広島駅から宮島(厳島神社)へ行く方法のまとめ比較

広島県の人気観光スポットといえば世界遺産の厳島神社がある宮島です。しかし、広島駅から宮島への行き方は何通りかあって、どの方法が良いのか迷う方も少なくありませんよね。

そこで今回は、私の実体験を交えて、広島駅から宮島へのおすすめルートを交通費節約、時間短縮、観光目的の観点からご紹介します。

広島駅から宮島への行き方一覧

広島駅から宮島への行き方一覧

路面電車+フェリー

利用交通機関 広電(広島駅~広電宮島口駅)260円
フェリー(宮島口~宮島)180円
所要時間 約1時間15分
交通費合計 440円

※往復なら広島駅で購入できる「一日乗車乗船券(880円)」がお得!広電もフェリーも乗り放題です!

JR山陽本線+フェリー

利用交通機関 JR山陽本線(広島駅~宮島口駅)410円
フェリー(宮島口~宮島)180円
所要時間 約45分
交通費合計 590円

路面電車+高速船フェリー

利用交通機関 広電(広島駅~広島港駅)160円
高速船フェリー(広島港~宮島)片道1,850円
所要時間 約1時間
交通費合計 2,010円

※往復なら高速船フェリーの「1日フリーパス(3,300円)」がお得!

路面電車+世界遺産航路

利用交通機関 広電(広島駅~本通駅)160円
フェリー(世界遺産航路)片道2,000円
※往復なら3,600円
所要時間 約1時間
交通費合計 2,160円

※広電の本通駅は平和記念公園の最寄り駅!

路面バス+マリーナホップ・宮島航路

利用交通機関 路面バス(広島駅~マリーナホップ港)260円
フェリー(マリーナホップ港~宮島)片道1,200円
※往復なら2,000円
所要時間 約1時間25分
交通費合計 1,460円

※フェリーには高速船(25分)と海賊船(45分)があります!お子さん連れなら海賊船がおすすめ!

広電は現金でお支払い

広電は現金でお支払い

広島市内の移動に便利な広電では、関東エリアでおなじみのSuica(スイカ)やpasma(パスモ)は使えません!使えるICカードはPASPY(広島)かICOCA(JR西日本)のみ!お釣りがないようピッタリの小銭を用意しましょう!

交通費節約なら路面電車+フェリー

交通費を節約したいなら、広電(路面電車)で宮島口まで行き、そこからフェリーで宮島へ行く方法がおすすめ。宮島へのフェリーは宮島松大汽船JR西日本宮島フェリーの2種類がありますが、どちらも運賃片道180円で乗船時間も10分程度です。

宮島松大汽船

画像引用元:宮島松大汽船 公式サイト

時間短縮で行きたいならJR山陽本線+フェリー

ご紹介した中で最も早く宮島へ行く方法が、JR山陽本線で宮島口へ行き、そこから宮島松大汽船かJR西日本宮島フェリーで宮島へ行く方法です。時間も最速ですが、交通費も安く抑えられるので、コスパ最強のルートです

JR山陽本線

大人の観光ルートなら路面電車+世界遺産航路

最後に大人の観光に使いたい宮島へのルートは、広電で平和記念公園の最寄りの本通駅に行き、そこからアクアネット広島が運行する世界遺産航路で宮島へ向かう方法。広島市内を流れる元安川を通り海へ出ます。宮島観光の前後に原爆ドーム平和記念資料館へも訪れたいという方には無駄のないルートです。ただ、交通費はご紹介した中で一番高くつきますよ。

世界遺産航路

子どもを喜ばせたいなら海賊船に乗ろう

おまけですが、マリーナホップ港から乗船できる海賊船「海王」もおすすめ。ワンピースに出てくる海賊船さながら、アニメの世界観を味わえますので、お子さんも大喜び間違いなし!乗船場所のマリーナホップも三井アウトレットモールのようなショッピングモールになっていますので買い物もできますよ。

海賊船「海王」

まとめ

できるだけ安く、できるだけ早く、できるだけ楽しくなど、旅の目的は人それぞれ。その中で唯一共通して言えることは「後悔したくない」ということだと思います。

ですので、今回ご紹介した「広島駅から宮島への行き方」を参考にしていただき、後悔のない旅の思い出を作って下さいね。

PR:楽天トラベルで宮島のホテルを見てみる

いいね!のお慈悲を…

この記事が良かったらシェアをお願いしゃっす!

記事の感想はこちら