三度と駐車違反をしない為の自分への戒め!私はもう違反金を支払いたくなぁ~い!

東船橋駅で駐車違反した時の状況

先日、人生で二度目の駐車違反をくらった。1度目は三軒茶屋の会社に出勤して駐車違反。そして今回は、東船橋駅前のラーメンが食べたくて駐車違反。三度目の正直ではないが、もう高額な違反金は絶対に払いたくないので、自分への戒めを兼ねて記事にします。

3分でも駐車違反

運転者が車両から離れて、すぐに運転できない状態であれば時間に関係なくアウト。フロントガラスに「駐車違反」と書かれた黄色い紙が貼り付けられる。今回は停車から30分ほど車を離れてたが、黄色い紙には「確認開始時刻 午後4時53分」の「午後4時56分」で切られている。つまり3分でアウト。マジ容赦ねぇ。3分しか待てないとかマジ早漏。

誰や!ワシの車に黄色い紙貼った奴ぁ!

駐車違反を取り締まっているのは放置車両確認機関と呼ばれる団体で、警察から駐車違反の取締を委託された民間企業。駐車監視員とも呼ばれている。いかにも警察署や国土交通省の天下り先といった感じの企業だ。「罰金=ビジネス」と考えており、多くの駐車違反を取り締まるかで給料が変わる。人の不幸は金の匂いってか?そうですかっ!絶許!

黄色い紙が貼られたらどうする?

  • 違反金の納付通知書が送られてくるまで待つ
  • 警察に出頭する

上記の2通りがあるが、違反金の納付通知書が送られてくるまで待つが賢明。間違っても出頭してはいけない。絶対にだ。違反金に加え、運転免許の違反点数も加点される。逆上して警察署に押しかけた情弱をさらにブチのめすやり方だ。実に汚い。

黄色い紙が貼られたらどうする?

ブチギレて一度グシャグシャにした黄色い紙

納付通知書はいつ届く?

ナンバープレートから違反者の所有者が割り出される。そして、違反日の約1~3週間後に「放置駐車対策センター」や「駐車管理センター」といった宛先から納付通知書が届く。親バレや嫁バレが怖いなら、郵便受けに張り付いて誰にも知られない間に違反金を払ってしまおう。賄賂同様にしっかり払ってしまえばそれ以上は無い。警察は金で黙る

納付通知書が送られてこなければ見逃してくれた?

ごく稀に、違反金の納付通知書が送られてこないケースがあるらしいが、見逃してくれるということは基本的にあり得ない。なんらかの手違いで送られてこないだけ。しかし、届かないものは払いようがない。ラッキーだったということで放置してもいいだろう。何かあれば通知が来るはず。「おいw 警察がんばれよw」と高笑いして待とう。

追記(2016/10/15):納付通知書が届きました

違反から約3週間ですね。千葉県警から無事に納付通知書が届きました。コンビニ払いOKの15,000円です。警察がんばるなよぉ…

納付通知書

納付通知書を破棄したり無視したら?

納付通知書が送られてきたにも関わらず、破棄して「届いていません」と嘘をついたり、無視したらどうなるか?おそらく、その後数回に渡って同じ内容の納付通知書が送られ、違反金の支払いを催促されるだろう。それでも無視し続けたら、刑罰となり裁判が行われる。有罪となれば行政処分、免許の取り消し、差し押さえなどなど。

ちなみに、郵便配達員が納付通知書を届けた事実は記録に残っているため「届いていません」という嘘は通用しない。押し通すならそれなりの覚悟が必要になる。

違反金はいくら?

原付
普通二輪車(小型限定含む)
大型二輪車
普通自動車
軽自動車
中型自動車
大型自動車
大型特殊自動車
重被牽引車
駐停車禁止場所等 10,000円 18,000円 25,000円
駐車禁止場所等 9,000円 15,000円 21,000円
時間制限駐車区間に
時間超過等をして
駐車した場合
6,000円 10,000円 12,000円

前回は原付で9,000円を支払った記憶がある。まだ納付通知書は届いていないが、今回は軽自動車なのでおそらく15,000円。ラーメン食うために路駐したら駐禁とられて、結果的にクソ高いラーメンになったw

弁明するには?

違反金の納付通知書と一緒に「弁明できるよ」的な内容の案内も届く。違反金を払いたくない人はこの手しかない。だが、よっぽどの理由がない限り弁明は不可能と思った方がいい。よっぽどの理由の例は以下。

  • 違反が成立していない場合
  • 車両の名義が自分ではない場合(盗難や売買)
  • 大地震などの天災で車を捨て避難した場合
  • 緊急疾患(脳疾患や心疾患など)で運転者が搬送された場合

大抵、弁明をするとなれば「違反が成立していない場合」になるだろうが、道路交通法を調べるなど、素人にはそれなりの手間がかかる。もし本気で弁明を考えているなら、下記のURLを参考にして弁明書を書いてみるといい。これだけの十分な弁明ができれば、違反金を逃れる可能性はある。

駐車違反の弁明書が認められるまでの経過

ちなみに弁明成功率は約5%らしい。海外ドラマの視聴で日々忙しい自分は到底できそうない。バカは黙って違反金を支払うしかないということだ

三度と駐車違反をしない為の自分への戒め

道路標識を確認しろ

駐車禁止の道路標識がある場所には車を停めるな!やむなく停めた場合は1分たりとも車から離れるな!15,000円がぶっ飛ぶぞ!

駅周辺は超危険エリア

駅ロータリーや周辺エリアは取締が厳しい!駐車禁止の標識に「タクシー・バスを除く」と表記がある場所も要注意!交番が近くにある場所はもってのほかだ!(ちなみに今回はこれら全の条件に該当してた…自分でもアホかと思った…)

ハザード出してもダメ

「ハザード出してればそれっぽい」ではない!全然ダメ!ダメダーメ!エンジンかけててもダメ!運転席に誰もいないことがダメなんです!

全国交通安全運動の時期は危険

春と秋は全国交通安全運動だから特に危険!他の時期なら安全というワケではないけど、5月と9月はとりわけ危険!

時間帯を考えろ

駐車違反を取り締まっているのは民間企業だ!夜間よりも昼間の方が違反をくらいやすいに決まってる!昼間の駐車違反は即アウトだ!

パーキングに停めた方が安くつく

違反金は15,000円、パーキングなら200円ほどで済んだ。「後悔先に立たず」の結果論でしかないが、常にリスクを考えて行動すること!「成功率50%の無料」より「成功率100%の有料」だ(?)

少しでも「大丈夫かな?」と迷ったらやめとけ

今回、車を停めるまで5分ほど迷った。「セイジョーの前なら大丈夫かな?」「休日で人が少ないから大丈夫だろう」「人は乗ってるけど他にも停めてる車があるから大丈夫でしょ」といった迷いが何度もあった。さらには「この前、駅前で駐禁とられた」と嫁からの前情報もあった。なのに強行した。小さな不安の積み重ねは大きなリスクにつながる!最悪を想定しろ!

駐車違反で笑える器の漢になれ

駐車違反のような余計な出費があるたびに考えてしまう。「15,000円で何が買える?」と。何故、そう考えてしまうのか?おそらく普段からお金を使うことに対して慎重になっているからかもしれない。良い物をできるだけ安く。いつもこの事だけを考えて買い物をしている。

もし違反金が500円だったら笑える。1,000円でもまだ笑える。でも15,000円だとブチギレる!自分の欲のために使うお金の額が高ければ、もう少し変われる気がした。だから駐車違反の翌日に、違反金と同額のカニを食いに行った。

忘れないためブログに残す

この悔しい経験を忘れないために、長い時間をかけて駐車違反直後の気持ちを記事にまとめた。違反金を払ってハイ終了では、失う物ばかりで得る物が1つもないから。大損だけは避けたい。そんな想いもある。

ただ、書き始めは記憶を思い返してイライラしたが、駐車違反の事例、納付通知書、違反金、弁明など、ネットで調べているうちに「こりゃダメだわw」と諦め混じりの落ち着きへと変わった。

でも絶対に許さない

だがしかし!納付通知書が届いた時と、違反金を支払う時で、あと2回はブチギレるだろう。違反は違反だが全く納得はしていない。むしろ、今はどうやって15,000円分を取り返すかばかり考えている。税金で運営されている図書館や公園に入り浸る?事業経費で年内爆買い?とにかく絶対に許さない!覚悟しろ船橋市!納税者&善良な市民として合法的に制度を酷使してやる!

いいね!のお慈悲を…

この記事が良かったらシェアをお願いします!

コメントする