賢くiPhoneでMacをテザリングするための2つの方法

賢くiPhoneでMacをテザリングするための2つの方法

WiMAXといったモバイルルーターを持たないノマド族にとって、スマホのLTE回線でノートパソコンがネットに繋がるテザリングはまさに神機能。自分もテザリング派で、ファミレスで仕事をする時はiPhoneとMacBookAirの名コンビが光ります。

そんな自分が最近知ったことが、テザリングには2種類あるということ。あなたは知ってましたか?

主にiPhoneにMacをテザリングさせる方法は、Bluetoothを使う方法とWi-Fiを使う方法の2つあります。

  • iPhone → Bluetooth → MacBookAir
  • iPhone → Wi-Fi → MacBookAir

そして、それぞれにはメリットやデメリットがあるんです。Bluetoothを使う時と、Wi-Fiを使う時の接続方法とメリットは次です。

Bluetoothを使う時

  1. iPhoneのWi-Fiをオフ
  2. iPhoneのBluetoothをオン
  3. iPhoneのインターネット共有を「BluetoothとUSBのみ」にする
  4. Mac側のWi-Fiを切る
  5. Mac側の「システム環境設定」→「Bluetooth」からiPhoneを検出してペアリングする
  6. 次回以降はiPhoneのWi-FiをオンにしてもBluetoothで接続可能です

テザリングでBluetoothを使うメリット

消費電力を押さえられる

テザリングでBluetoothを使うデメリット

たまに途中で接続が途切れる
感覚的にちょっと通信速度が遅い(1.10Mbps:136.47KB/sec)

Wi-Fiを使う時

  1. iPhoneのWi-Fiをオン
  2. iPhoneのインターネット共有をオン
  3. Mac側のWi-Fiから自分のiPhoneを探してパスワードを入力

テザリングでWi-Fiを使うメリット

LTEの高速通信ができる(20.82Mbps:2.60MB/sec)

テザリングでWi-Fiを使うデメリット

電池の消耗が早い気がする

まとめ

両方試した感覚ですが、Bluetooth接続だとiPhoneの電池の減りが若干遅い気がして通信速度も気持ち遅いかな?という感じ。一方のWi-Fi接続は、設定は簡単ですが電池の消耗が気になります。

手際が求められるクライアントとの打ち合わせの時はWi-Fiが安定ですが、通信速度はその場所のLTE回線の混み具合や繋がりやすさにも関係するので、長時間ノマドは節電のBluetooth接続が定着しそうです。

いいね!のお慈悲を…

この記事が良かったらシェアをお願いしゃっす!

記事の感想はこちら