コーディング業務委託でフリーランスが発注側に確認すべきポイント

自分がコーディング案件を受けるときに注意しているポイントです。あくまで個人的な感覚ですので、あまり参考にしな方がいい場合もあります。

受注前に確認する項目

  • デザインデータのスライスはどうするのか?
    スライスも対応する場合は追加料金をもらう
  • jsなどの動きの具体的な指示をもらう
  • 既定のコーディングルールはあるか?
  • ファイル名やディレクトリ名の指定はあるか?
    納品後の修正は有償になる
  • サイトの横幅サイズは?
  • サイトマップやコンテンツマップの共有は可能か?
  • レスポンシブの場合の対応範囲はどこまでか?
    スマホ縦(ポートレート)、スマホ横(ランドスケープ)、タブレット、ノートPC、デスクトップPCなど
  • metaや画像のaltは対応しなくていいか?SEO施策になるので別途費用をもらう

デザインデータについて

  • Photoshopで加工できるデータか?(イラレ・FWはNG)
  • デザインデータのテキストは全てテキストデータとしてコピペ可能にしてもらう
  • デザインに使用しているフォントは何か?
    無料でダウンロード出来ないフォントなら共有可能か?
  • テキストコーディングなのか画像コーディングなのか分かるようにしてもらう(テキスト⇒テキスト 画像⇒グループ化してロックなど)
  • 1pxのズレが無いようにしてもらう
  • アイコン系はPNGの透過イメージ化で書き出せるか?

個人的なコーディング単価

トップ・ベースコーディング費用(HTML基礎部分) 10,000円~
PC・スマホ 1ページ 5,000円~
※A4用紙1ページとして縦に長いページは数ページ分とする
レスポンシブベースコーディング費用(HTML基礎部分) 25,000円~
レスポンシブ 1ページ 8,000円~
※A4用紙1ページとして縦に長いページは数ページ分とする
js(スライダー・パララックス) 1ヶ所 5,000円~
デザインデータのスライス代行 1デザイン 3,000円~
簡単な内部対策SEO(画像のalt・title・meta) 1ページ 4,000円~(基本的に対応しない)

フリーランスの方で高いと思った人はご苦労様です。クライアントの方で高いと思った方は自粛してください。

いいね!のお慈悲を…

この記事が良かったらシェアをお願いしゃっす!

記事の感想はこちら